農業をこれから始める人のためのサイトです!
農業の魅力~これから農業を始める方へ~


関節痛を予防するには

人の体の骨は200本以上あります。
関節は、それらの骨を繋ぐ連結部分になります。
関節痛の原因の一つに、この連結部分のクッション(軟骨)が磨り減ることがあります。
骨と骨が直接ぶつからないための軟骨は
加齢と共に磨り減り、骨同士がこすれて関節痛を引き起こすのです。

関節痛を感じる年齢になった頃には筋肉も衰え、余計に関節に負担をかけることになります。
関節痛の予防には、関節に負担をかけない生活を心がけたり、
トレーニングをしたり、サプリメントで必要栄養素を補ったりという方法があります。

運動不足も原因に繋がるのですが 、
急な激しい運動は逆によくありませんので、 適度に体を動かすことが大切です。

関節痛の代表格である膝、肘や腰などをなるべく冷やさないようにするのも重要です。

サプリメント

グルコサミンは普段の食事だけで必要量を摂取するのが難しいため、
サプリメントを飲んでいるという人が増えてきました。


それに合わせて色々な会社がグルコサミンのサプリメントを販売していますが、
どのようなサプリメントを選ぶのが正解なのでしょうか?
(グルコサミンサプリの参考はこちら→http://www.diegogoldsztein.com/020/030-2/)

グルコサミンを 試してみたいと言う方に、 選び方を紹介します。

まず気をつけたいのは、グルコサミンのサプリメントの中には
甲殻類を原材料としているものがあるということ。
もし甲殻類アレルギーの人がそれを飲むと、命に関わるという危険性があります。
甲殻類アレルギーが有る人は、かならず原材料をチェックしましょう。

次に、グルコサミンの一日の必要量は1500mgです。
いくら安くても、毎日10粒飲んで150mgしか摂取できないならサプリメントの意味がありません。
1粒あたりのグルコサミン含有量をチェックしてみましょう。

他に、グルコサミンとコンドロイチン、ヒアルロン酸などを
一緒に摂取するとグルコサミンの吸収率が上がると言われています。
一緒に含まれている成分にも注目しましょう。
軟骨を形成する働きがあります。

痛みをなくす薬になるわけではありませんので、
サプリメントを摂るとともにケアを行なっていく必要があります。





Copyright(c) 農業の魅力 All Rights Reserved.